浸透力ある

デジタルラーニングと

マルチモーダルラーニング

ラーニングのあるべき姿。

 

マルチモダリティ

 

または、複数の手法を組み合わせた学習。

 

 

今日のアカウントチームは、インテリジェンスをもっと活用し、顧客ステークホルダーのニーズに一層整合させて、迅速に実務を遂行する必要があります。これらを実現するための学習戦略は、学習者がいつでもどこでも必要なときに情報とベストプラクティスを吸収し、適用できるようにモジュール式で柔軟である必要があります。

 

Clarityの業界エキスパートチームは、最適な学習オプションの組み合わせを選択して、現場での時間を最大限に活用し、顧客に最高のインパクトを与えることができるよう支援します。

 

インストラクター主導のワークショップ

M11656 - Clarity_Website Instructor Led Icon

 

 

バーチャルラーニング

M11656 - Clarity_Website Virtual Learning

 

eラーニング(SCORM / xAPI)

 

M11656 - Clarity_Website eLearning Icon

 

 

マイクロラーニング

M11656 - Clarity_Website Microlearning

 

ジャストインタイムトレーニング。その理由は、顧客エンゲージメントもジャストインタイムだから。

 

Clarityのマルチモーダルラーニングソリューションとデジタルラーニングソリューション。顧客エンゲージメントの現場で、フィールドチームに即時に与えられる、高い関連性をもったカスタムコンテンツ。

 

Device agnostic digital learning

 

 多様なデバイスに対応

PC、タブレット、スマートフォン。Clarityのラーニングコンテンツはレスポンシブデザインを採用しており、チームが使用するデバイスに関係なく、どこにいても、どのような形であっても、必要な時に確実に提供されます。

 

 

 

 

 

未来に向かってうなずく..... ラーニング経路のカスタマイズは、従業員の能力開発をどのように変化させているのか。

 

魅力的な学習プログラムを開発する際の課題は、マルチモーダルで迅速に、動的に配信される資産、オープンなクラウドベースのプラットフォーム、デバイスに依存しないソリューションに移行することです。

 

最近の組織において、これらのことは、各ビジネスユニットまたはチームだけでなく、個々の学習者の長期的な学習ニーズを予測および計画できることを意味します。Clarityにより、ラーニングの進路を経験レベル、評価結果、役割、およびキャリアの軌道に合わせてカスタマイズすることが実際に可能となりました。

 
Learning pathway

 

Clarityはここで役立ちます。

垂直産業の深い専門知識を持ち、顧客エンゲージメントへの包括的なアプローチとグローバルなリーチにより、Clarityは貴社のフィールドチームが競争力ある、個別化されたアカウント戦略を開発し、現在の顧客のステークホルダーとの連携を強化できるよう支援します。

 

戦略コンサルティングと変化のマネジメント

  • シニアリーダーシップ交流セッション
  • 典型アカウントのプロファイリングとセグメンテーション
  • 背景事情の教育/インサイト
  • 発売前の計画
  • 変化のマネジメントのプログラム

カスタマイズされたモデルとコンテンツ

  • 現地向けにカスタマイズされ、組織ごとに一貫したモデルとコンテンツ
  • アカウントおよびシナリオ別ケーススタディー
  • アカウント管理モデルとコンテンツ:
    • アカウントマネージャー/リレーションシップ・マネージャー
    • 営業担当者/製品スペシャリスト
    • マネージャー
    • マーケティング
    • その他の顧客対応の役割

複数のトレーニング提供オプション

  • インストラクター主導のライブワークショップ
  • マルチモーダルラーニング
  • eラーニング(SCORM / xAPI)
  • クラウドベースのマイクロラーニング